優良クリニックでお馴染みの目白ポセンシア|お悩み解決窓口

美容整形

まぶたの下垂

女の人

美容外科の利用

何らかの原因でまぶたを持ち上げる筋肉の力が弱くなってしまい、まぶたが眼球の上に覆いかぶさるように垂れ下がってしまうケースがあります。加齢による筋力の衰えが原因になっている場合が覆いですが、それ以外のことが原因になっている場合もあります。この症状を、一般的に眼瞼下垂と呼んでます。眼瞼下垂の症状が起こっていると、物をよく見ることができなくなってしまうだけでなく、重い肩こりや頭痛が起こるようになる可能性が高いです。また、見た目の印象がとても悪くなってしまうため、眼瞼下垂の症状が気になっている場合は、早めに治療を受けるようにした方がよいです。従来は、眼科や形成外科で保険が効く治療を受ける人が多かったのですが、近年になり、美容外科で保険が効かない眼瞼下垂治療を受ける人が増えてきています。数ある美容外科クリニックの中には眼瞼下垂治療の名医と呼ばれる医師がいるクリニックも存在しているため、今後は名医を頼って美容外科クリニックを受診する人が増えるのではないかと予想されています。

治療するメリット

眼瞼下垂の症状が悪化すると、黒目の半分以上がまぶたで覆われてしまう可能性が高いです。黒目の露出部分が少なくなれば、当然のことながら物をしっかりと見ることができなくなります。見えにくい物を何とかして見ようと、眉を必死で釣り上げるため、額に深いシワが刻まれてしまいやすくなります。また、いわゆる悪人顔になってしまうため、女性の場合は悩みが深刻になりがちです。しかし、美容外科の名医の治療を受けるようにすれば、審美面への配慮が行き届いた治療を受けることができます。物を見るという目の機能を回復させることはもちろん重要ですが、見た目をよくするという問題も軽視することはできません。目元の状態如何で顔全体の印象が決まってしまうと言っても過言ではありませんので、美容外科の名医を利用するメリットはかなり高いということができます。